本文へスキップ

計測器の校正受託からPSE(電気用品安全法)に関するトータルサポート                                     >トップページ >アクセス >お問合せ  

TEL. 03-3251-8676(代表)

〒101-0021 東京都千代田区外神田1-3-12 計測器ランドビル

よくあるお問合せ・ご質問/Q&APSE Q&A / PRODUCT SAFETY


よくあるお問合せ・ご質問 (Q&A)


日頃、弊社に多くお問合せを頂く内容についてご紹介いたします。あくまでも一例ですので、ご不明な点は弊社までお問い合わせください。 
          

1. 「PSE取得」に関して

1. お客様より「PSE取得」に関して。とご相談を頂きますが、そもそも電気用品安全法(PSE)では、以下の様に記されております。 

第一章 総則 (目的) 第一条  この法律は、電気用品の製造、販売等を規制するとともに、電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進することにより、電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的とする。

上記の通り、この法律では「民間事業者の自主的な」となっており、事業者自ら安全確認を行う事がこの法律の前提でありますので、過去の電気用品取締法(型式認可)の時代のようにどこかで取得する(お墨付きをもらう)ものではありません。このように電気用品安全法は、製造事業者、輸入事業者が自ら安全性を確保する為に守るべき、最低限のルールとご理解いただき取り組む必要があると考えます。

2. 費用と納期を知りたい。(その1)

2. 弊社は試験所ではありませんので、試験費用のみのお問い合わせには対応いたしかねます。お客様の状況に合わせ適切な試験機関のご提案や、申請代行を行っております。なお、製品によって検査機関での適合性検査が必要な特定電気用品、それ以外の特定以外の電気用品、また、使用部品の数や認証情報、第三者等による認証の有無等々により、その製品や状況によって取るべき方法は様々です。従ってこれらの状況により費用や納期も様々であり、一概にお答え出来るものではありません。弊社では通常エントリーコンサルティング(東京・秋葉原の弊社にお越し頂いた方には無料)にて、お客様のご要望や状況をお聞きし最善の方法について共に検討、ご提案させて頂いております。

3. 費用と納期を知りたい。(その2)

3. 「とにかく急いでいる。費用と納期だけでも先に知りたい。」とお問い合わせをいただくことがございます。 A2.の内容と重複しますが、取るべき方法や状況によってその期間と費用は大きく変わってきます。「急がば回れ」これらの質問に対し即答できる業者があるとしたら逆に怪しいかもしれません。ご参考までにそれでも何か知りたいお客様のためにあえて言うならば、弊社の経験上、最もシンプルな製品であっても試験機関を利用する場合、最短、最低でも 2か月、30万〜とお知らせしております。製品や規格によっては百万円を超えるもの、期間も1年がかりという案件もございます。 PSE対応を考えるのであれば早めの対応をお勧めいたします。

4. レポートの活用について

4. 特に輸入業者様の中で、輸入販売の準備を進める際、既に当該製品に関する海外規格(IEC規格)でのCBレポートや、第三者による試験レポートがあるので、これを活用したいという声をお聞きします。これらの資料は確かに有益な情報ではありますが、これらをPSEのエビデンスとするためには、日本のデビエーション(日本独自の安全要求)を含んだレポートが必要になります。勿論、その内容によっては既存のレポートをベースに日本独自要求(デビエーション)のみを追加する形で確認を行う方法もあります。

5. 適用規格について

5. 現状、電気用品安全法(PSE)では、日本独自の基準(旧省令第一項)と、国際規格等に準拠した基準(旧省令第二項)の二つがあります。基本的には当該製品に該当する規格があればいずれかの規格を用いて基準適合確認や適合性検査を行うことが可能です。しかしながら一つの製品に対して、二つの規格を合わせて確認(俗にいう“良いとこ取り”)は出来ません。 また製品によっては国際規格に準拠した基準の整備が整っていないものもございます。

6. 製造業者や部品業者からの情報について

6. 適合性検査や基準適合確認を行う上では、必ず、製品の製造事業者や使用する部品業者より、技術情報(回路図、部品や材料の認証情報等など)を提供していただく必要があります。稀に道半ばにおいて「業者が機密事項なので情報は出せないと言っているがどうしたらよいか?」とご相談される場合や、弊社に対し「ウチの製品のノウハウや知的財産を公開する事は出来ません。」とおっしゃられることがあります。これらの情報が集まらないことには目的が達成できませんので、事前に機密保持契約(NDA)を結ぶなど当事者間での合意が必要です。弊社は校正においてはISO17025 の校正機関でありコンサルティング業務にしても守秘義務がございますし、弊社が利用する検査機関なども機密保持がありますのでご安心ください。

7. 東洋テックのホームページに「One-Stopにてトータルサポート」と書いてありますが具体的には?

7. 弊社および東洋計測器グループの起源は、計測器の販売及び校正にあります。これらの強みを活かし 2011年からPSEを中心とした製品安全ソリューション事業を開始しており、お客様に必要な計測器のご提案、購入後のフォロー(校正、修理)、製品安全ソリューション等をワンストップでご提供しております。 2015年現在、この業務を開始してから4年余りですが既に国内外問わず、大手、中小、個人事業主様など幅広いお客様にご利用いただいております。 PSEコンサルを謳う業者様は数多く見受けられますが、おそらく校正、計測器、製品安全等のエキスパートを一同に揃えたワンストップでご提供する業者は弊社が知る限り他に存在いたしません。

8. 東洋テックで受けられるサービスの概要は?

8. 別途、ホームページでもご説明させていただいておりますが、弊社の基本的なサービスの流れとしましては、先ず、エントリーコンサルティング(完全予約制)をお受けいただきます。これは弊社・秋葉原にお越しいただけるお客様には無料にて行わせていただいております。このエントリーコンサルティングにて、お客様のご要望、目的をお聞きし最善と思われる方法についてのご提案をさせていただきます。 その後、引き続き弊社のサポートをご希望頂けるお客様には、基本サービスとなる「ガイダンス」をお申込みいただきます。このサービスでは工数を伴わないご相談(調査、書類作成、出張等)については、お客様の目的達成まで期間やご相談回数に関係なく定額で承っております。 その他、必要に応じ各種トッピングサービスを用意しており、後からその都度、必要なものだけを追加していただけますので、コストを最小限に抑えることが可能です。

9. 遠方なのですがサービスを利用できますか?

9.はい、ご利用頂けます。通常ですと一度は東京・秋葉原にお越し頂いておりますが、遠方のお客様等、お越し頂くのが難しいお客様に対しては、事前にメールやお電話等で対面でのエントリーコンサルティングと同様、丁寧にお客様のご要望、ご意向について伺わせて頂きます。引き続き、サービスをご希望頂ける場合には基本サービスとなるガイダンスをお申込み頂くことで対応させて頂きます。現に海外、北海道から九州まで国内外より幅広くお問合せ、お申し込みを頂いております。


その他のご質問・お問合せ等は、又は、03-3255-8082までお願い致します。


バナースペース

東洋テック株式会社

<本社>
〒101-0021
東京都千代田区外神田1-3-12 
計測器ランドビル
TEL 03-3251-8676(代表)
FAX 03-3251-8258
アクセス

<東京キャリブレーションセンター>
〒101-0021
東京都千代田区外神田1-3-12 
計測器ランドビル
TEL 03-3251-8676(代表)
FAX 03-3251-8258

<PSEインフォメーションセンター>
〒101-0021
東京都千代田区外神田1-3-12 
計測器ランドビル
TEL 03-3255-8082
※10:00〜18:00以外は繋がりません。
FAX 03-3251-8258

<浜松キャリブレーションセンター>
〒435-0048 
静岡県浜松市東区上西町60-3
TEL 053-465-5800(代表
FAX 053-465-5807

<九州キャリブレーションセンター>
〒812-0015 
福岡県福岡市博多区山王1-6-18
TEL 092-409-5459(代表)
FAX 092-409-5469

 
 CUSTOM   計測器ランド
   東洋計測器グループ  
 

更新日付:2017.11.1